音楽と写真に囲まれた生活

静岡県で活動するシンガーソングライターの三善翔順のブログ!
音楽や写真の事を気ままに書いています!
愛機:ギターはGibson J-45 RosewoodとKING SNAKE Swanp/カメラはCanon 6D

2008年09月

ブログの更新がまばらですいません笑。

昨日は吹奏楽の演奏会でした。
何箇所か間違えてしまった!!!!!

やはり練習不足です。。
くそ~~。

っていうか一日中立っていたので
今足が非常に変な感じです。

力が入らない感じです。

歳か!?

でも打楽器って高校のときも非常に疲れたなぁ。
ずっと立ってるのがしんどくて
立って練れるようになるしね笑。

楽しい演奏会が出来たから良かったです。

シンバルが疲れました!!


次の土曜日はライブ本番です。

ちょっと緊張していますというか
やはりどうしたら盛り上がるのか
わからずにいます。。

窓枠は会場が広いから、横に広がっちゃうしね。。
窓枠ってなぜステージ前の真ん中がポッカリ空いてしまって
みんな隅っこに行ってしまうのかねぇ。。
アレがなんか円陣みたいでちょっとやりにくい笑!

お客さんが誰もいないと想定して
それなりに楽しめて、かつ初めて見る人に対して
いいバンドだなって
思ってもらえるようにしなくてはいけませんね!

この1週間で頑張ってモチベーション
あげて生きたいと思います!

68449bd5.jpg

毎回同じような日記を書いているように気がします笑!


まぁいっか。
その時に精一杯考えていたことをここに書くだけです笑!!


昨日は雨傘の練習でした。
昨日は一発目に○○○○を練習したんだけど
あんまりよくなかった。。
○○○ ○○○○○もあんまりいい完成度ではなかった。

でも練習を繰り返すと徐々によくなってくる。


雨傘の演奏の『弱点』だと思いました。


雨傘って結構その場の雰囲気とか
モチベーションで演奏が大きく左右される。

まぁそれがいつも話している
『僕のフロントマンとしての課題』
という部分でもあるのだけれども。


でもライブっていきなり演奏が始まるわけだし
本番直前に練習できないわけ。

ということはやっぱり練習の1曲目にやる曲は
より丁寧に、納得できる演奏が出来るように
意識しなければいけないと思いました。


うん、今日はそれだけ笑!!!



メンバーのみんな>
練習の1曲目丁寧に演奏しよう!(そのまま笑)

3f4cea1b.jpg
太鼓と笛の音がどこからか聞こえます。

秋祭りの準備でしょうか。

あの独特な拍がバンドばかりやっている僕には心地いいです。

475707ca.jpg
最近は寒くなってきたのか
膝にのるわけでもなく
なぜか足の間に入って
ちょこんと座ってきます。


カワユス(笑)

最近は何かと考えることが多くて
気持ち的に疲れている344です。


その一つはもちろん音楽笑!!

まぁライブに対する姿勢が決まらなくて。

考え始めたばかりだから
なかなか決まらないだろうけど笑。



とりあえず昨日の夜に考えていたこと。


自分はボーカルで
雨傘の顔(大げさかも)にあたる訳で
そのポジションついて考えていた。

ポジションって言うのは
ライブでの役割というのか
どうするべきか考えいていた。


雨傘のリーダーが誰とか
そういう堅っ苦しいことではないので笑。

基本的に雨傘ってリーダーいないしね笑。
まぁそれはあまり重要じゃないので
今はどうでもいいや笑!!


今回のは雨傘らしさの追求とは
ちょっと違うことなんだけど。


僕ってライブのときにどうしたらいいのか。

ただ前で歌えばいいのか
お客さんを盛り上げればいいのか
メンバーのテンションを上げればいいのか。

色々考えていたんだけど。


今までは正直自分が楽しくて
そしてメンバーが楽しくて
ある程度演奏が出来ればそれなりの
『ライブ』が出来ると思っていた。

でもそれだとやっぱりライブが
安定しないんだよね。
ムラが出来るというのか。


で、半年前から意識していたことは
僕は雨傘のメンバーをひっぱるという意識。
正直、意識だけでもだいぶ違うと思った。

別にメンバーに声をかけるわけでもなく
自分が一生懸命歌って
その気持ちを音で伝えるというのか。

これでやるとそれなりに精神的に疲れるの笑。
ひとりで勝手に疲れるの笑!!

比較的こんな思い上がりでも
いい感じになるんだけど
結局疲れてライブ途中で
ふと我に返る瞬間があるんだよね。


それもあって悩んでいたんだけど。


で、最近思いついたことは
『音に乗る』ってこと。



深夜さんのどっしりしたドラムに

てらっちの軽やかなベースが乗って

その厚くなったサウンドに

あったかくしぶいと~るちゃんのギターが乗って

それだけでも十分くらいなサウンドに

最後に僕のキラキラしたバッキングギターと

ちょっと甲高く苦しそうな(笑)一生懸命な歌声が乗って

それで雨傘サウンドが完成する。



それって簡単なことなようで
当たり前のことのようなんだけど
ようやく今気づくことが出来た
僕にとっては難しかったことだと思う。

3年半やってきてはじめて気づけたことだと思う。

でも実際それでやることが簡単なことなのか
難しいことなのかまだわからない。

まだその気持ちになってから
4人であわせたことがないからなんだけど笑。

だから9月のライブまで時間が無いけど
練習一回一回でちょっと他のメンバーの
サウンドに身をまかせてみようと思います。

練習はタンタンとこなすことが多いから
せめて本番だけでもその心地よさを
体験できたらなって思います。


それが体験できるようになったときは
きっと自然とお客さんに暖かいものが
伝わる気がします。

音楽ってそういうもんだと信じて。



また一つ小さいけれど突破口が見つかった気がする。

でもそれも練習が必要なこと。

頑張ろう!!

あと3週間でライブです。

正直言っていつもどおりのモチベーションです笑。

やっぱりライブに対する気持ちが
毎回違うのがいけないと思うんだよね。

対バンによってもすごくモチベーションが変わってしまう。

今は比較的落ち着いているので
それなりのライブが出来そうな予感がします!

ただ久しぶりだから楽しみという反面
いつものライブの盛り上がりを感じることが
出来るのかっていう不安も反面。


結局『雨傘らしさ』の追求には
まだまだ程遠いモチベーションだと思います。


くそ~~。


どっちかっていうと
今回は少しアウェーな雰囲気になるだろうから
他のバンドのお客さんを引き込んでしまう
気持ちを沢山持たなきゃいけない気がします!

そうするためにはやはり
それなりのテンションが必要なのです。。。

ホームよりも難しい。。。


僕って比較的勢いで行くところがあるから
すべるときはとことん滑るんだよね笑!!
のって来るとMCが長くなっちゃうくらい
めちゃくちゃしゃべるんだけど。

その差をなくさなきゃいけないよね。
まずは笑。

毎回同じようなMCでは意味がないし。
フロントマンの引き出しの多さが求められます!!
キビシイ!!

曲からいきなりはじめることだけは
絶対したくないので、何かしらお客さんを引き込んでから
曲に移りたいです!!

さてどうしようかな。

って考えていると
一曲目の前にMCをやることが『雨傘らしさ』の
一つの要素なのかもしれない笑!!??

この仕事は俺の仕事だ!!!!!
スタートはめちゃくちゃ重要!!!!!


やばい・・・。


余計にプレッシャー感じてきた笑。


深夜さんのMCが安定しているがゆえに
僕がちゃんとしなくてはいけませんなぁ笑。

da378b3d.jpg
バンドの音作りってめちゃくちゃ大事ですよね。

個々の音が多少荒くても、バンドがまとまってればかっこよく聞こえるかもしれないけど、
個々の音がまとまってなければ限界があるとおもう。

こないだの土曜日に浜松フォースの藤原さんとワールドと話をして
改めて音作りの大切さを実感した。

まだ僕はアンプもギターも使いこなせてなくて
音作りの4割くらいわかってきた感じでまだまだって感じ。

多分10割は一生届かないかもしれない(笑)。

それがまた音楽の楽しい部分なんだけどね。


今こんなに真剣に音作りをがんばっているのは
浜松フォースの藤原さんのおかげ以外の何者でもない。


1年半位前に雨傘のためだけに浜松フォースのライブステージを貸しきって
『雨傘の音作り』を真剣にやってくれた。


4、5時間ずっとライブハウスにこもって
ギター、ベース、ドラムの一つ一つ丁寧に教えてくれた。


今考えてもすごいことだなって思う。
なかなか他のライブハウスでははないようなことだと思うし。


その音作りの効果は本当にすごかった!!

あの荒いギャンギャンした雨傘の音はどこえやら。

ギター一本一本に芯があってしかもあったかくて、
なんというのか雨傘の4人が一人ひとりがちゃんと聞こえてきて
かつ4人のまとまりがあるというのか。

録音して聞いてたからよりわかった。



というか一番感動したのは中音。



ライブとかって中音聞きにくくて
自分の声が聞こえなかったりするときあるじゃん?!

あのストレスがまったくなくなったんだよね!!
あれは鳥肌もんだった!!

ギターとかベースの音に芯ができて太くなったから
ボーカルが聞こえなくなるかな~って思ってたのは
全くの誤算でしたね。


中音のバランスもめちゃくちゃよくて
ドラムもうるさくなくて。
言ってしまえば練習スタジオの時よりもかなり歌いやすい環境だって思った!


ちなみにこの時はボーカル以外は返しは全く返していません!


この『藤原音作教室』のおかげで
一人ひとりの音作りの大切さをすっごく痛感しました。


今ではみんなアンプ買ったからこれから
よりよい音を作れるようにがんばっていかなきゃいけません。


お客様が最前列(中音)でも気持ちよく聞けるようにするのが
雨傘の目標の一つでもあります!


音作り早く身につけなきゃなぁ。

このページのトップヘ