『帰り道 みずたまり』
作詞・曲:344Shojun



通り慣れた凸凹道 夕方に影が増え
溢れ出す凸凹夢 踏まぬように日々歩き

不器用なこの足で 余裕感匂わせて

明日を夢見たその後に 胸が苦しいのなら
今心の中を廻る その想い忘れないで



予報外れ 雨の下 不規則な傘の音
目の前に現れた 君が残した想い

一つずつ除いては 過去の花を知る

涙を流したその後に 笑顔が咲くのなら
今頭の中を廻る その想い忘れないで



感情を直線上に並べ
僕たちを形成していくモノ
全部拾い集め



みずたまりを越えた先に 光が射すのなら
足元がぬれても構わない その先へ


明日を夢見るその顔に 笑顔が戻るなら
いつも いつでも いつまでも
僕はここにいるよ
ずっとここにいるよ