ライブの演奏の感想ですが。

今回は比較的個々に奇麗な演奏が
出来たんじゃないのかな!!
僕も歌っていて気にならなかったし!

誰かが間違えると演奏していてすぐに気づくし、
ふと我に返ってしまうんですよね笑。

まぁ楽しく演奏できていればいいのですが。


でも『楽しさ』を求める上で
最低限の『安定した演奏技術』って言うのは
絶対的に必要だと思うのでこれからも気が抜けません!

一人が間違えるとバンド全体のテンションが
ライブ演奏中でも下がっちゃうからね。。


せっかくなのでそっちの話でも。
演奏の感想はちょっと後で笑!!


『プロ』と『アマチュア』の境目が
とっても難しいんですよね。
特に雨傘は。


エアーゲートやMOUSHIのように
『プロ』を目指すのであれば
演奏に間違いがあってはいけないと思うのですよ。

でも雨傘ってそうじゃない。

最初はバンドが楽しければいいって言う部分だったんだけど
ファンのお客さんも増えてきたし
自己満足ではいけないと思うのですよね。
だからある程度の『奇麗な演奏』が要求されるだけです。

『楽しさ』を求めると演奏が雑になる。
『奇麗な演奏』を求めると楽しめなくなる。

いつもこの駆け引きが難しいのです。


ようは『間違えない』っていう部分だで
いいと思うんだけど笑。
その『間違えない』意識が
結構大変だったりするのですよね。

とにかく楽しくいい演奏が出来るように
日々練習するしかないですね。



話しを戻しまして、
ライブの感想は~。

雨傘としての全体的なバランスとしては
かなりスタンダードな演奏が出来たと思います。

間違いも少なかったし丁寧だったかな。

その落ち着きが原因かわからないけど
全体的にテンポが速かったけど。

深夜さんがはしるからって訳じゃなくて
テンポって言うのはその時のバンド全体の
テンションで決まる部分が多い。

深夜さんがテンポを落とそうとしても
てらっちが前に前にいけばそれにあわせるしかなくなるし
歌が原因ではしることも多いし。
イントロのギターのリフが早ければ
そのままのテンポで全体が流れてしまうし。

まぁ大きいくくりで言うとテンポに関しては
リズム隊が主導権を握っている事が多いので
お二人に頑張っていただきましょう笑。

僕もギターから始まる譜フレーズは相当意識しなきゃね。

歌い手としてはバラード(帰り道 みずたまり、君とともに)とかは
特にテンポが気になるので最初から最後まで
テンポに関しては一番気をつけなきゃね。

テンションが上がるとはしりがちになるけど笑、
そういう時こそ落ち着いてどっしり演奏して、
『キラキラ』や『カラフル』ではしってもらうと笑。


特に『テンポ』はいくつって言うのは決めていないから
(ライブのときのテンションで変わっていいと思うので)
そんなにこだわりはないけれども
テンポの遅い曲は速くならないように落ち着いてやりたいですね。

とにかくテンポで曲のイメージが
ガラッと変わってしまうということですね。


自分の歌の感想は・・・

バンドのサウンドに乗せて歌うって言うことも
全然意識できなかったし
喉の調子もあまりよくなかったし。

テンションはかなり良くて
頭の中はかなりいい感じだったんだけど。


う~~ん。
やっぱりもっと練習から『音に乗ること』を
意識しなきゃいけないと思ったライブでした。


バラードなんて『音に乗って何ぼ』
ってところがあるからね。


あとは、僕はフロントマンで『主人公』
っていう意識も全然持っていなかったなぁ。

今までのテンションと変わらないというのか。。。
何のために考えていたのか笑。。。


ということで

雨傘としてのライブの点数は結構良い所だと思う!

ただ個人的なライブの点数は
30点くらいですかね(自分に厳しい笑)。

ライブ前のテンションの持ってき方が
比較的成功したと思うのでその部分を
20点くらいで評価したいと思います笑!!


100点はには程遠いね笑!!!



さてもっと歌わなきゃな。。。